【初心者動画制作講座】Final Cut Pro を使ってクロマキー合成動画を作る

合成写真

最近はyoutubeを始める企業も増え、外部に頼まず社内で動画編集をされる企業も増えてきているということですので、そんな皆様のお役に立てれば、、、と思い、初心者向けの動画編集講座をスタートしたいと思います。

PR-MOVIE.COMで紹介する動画編集講座は、主にMacの動画編集ソフト Final Cut Pro Xを使ったものになります。

Final Cut Pro はMac用の動画編集ソフトです。iMovieは無料で使える動画編集ソフトですが、有料版(買い切りで¥36,800)を買うと動画編集ができる範囲も広がりますよ!

第1回目にこれ?と思われるかもしれませんが、、、(^_^;
今回はクロマキー合成動画を作る方法を紹介した動画を公開しましたのでご紹介します。

Final Cut Pro を使ってクロマキー合成動画を作るには?

クロマキー合成とは?

クロマキー合成という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

クロマキー合成というのは、特定の色の成分から映像の一部を透明にし、そこに別の映像を合成する技術のことで、昔からブルーバック合成など均質な色の背景の前で人物を撮影した後、編集で背景を別の映像をはめ込むということが行われてきました。

最近ではグリーンバックで行われることが多いですが、今流行のオンライン会議ZOOMの背景などもグリーンの布を背景にすると、様々な別の映像に切り替えられたり、、、という所でも使われていますね。

例:ブルー背景を合成した例

合成例

クロマキー合成のための撮影&編集

クロマキー合成の撮影

  • 背景グリーン か ブルー のスクリーンを使います。紙製・布製など手に入るものを用意しましょう。
    なぜグリーンかブルーかというと、背景を抜くときには補色となる色を使うのが一番良いのですが、人間の肌がオレンジに近いと言われており、そのために背景を補色であるグリーン・ブルーにすることが進められているのです。
    ※上記の例のように ロボットを使った場合はその限りではないのですが、被写体は白・黒・黄色と3色が使われていますので、ブルーの背景で綺麗に抜くことができました。
  • 背景に布を使う場合は、シワに注意しましょう。素材によってはシワになりやすいものもありますので、注意が必要です。
    できるだけシワにならない生地を選び、撮影前にはアイロンでシワを伸ばす必要があります。
  • 衣装・小物などは 色がかぶらないように注意! グリーンなら緑系は避ける。ブルー背景なら青系のものは避けましょう。
    色がかぶるとその部分も抜けてしまうので、背景の動画・画像が入ってしまいます。
    反対にそれを活かしたい場合は同じ色のものを選べば、その部分だけ色を抜くことができます。
  • ライティングでは、スクリーンと被写体は別々にライティングができると良いです。スクリーンに影が出ないようにしましょう。

Final Cut Pro Xを使ったクロマキー合成の編集方法(動画)

こちらの写真にあるSharpさんのRoBoHoNを使った 懐かしのパラパラダンスの合成動画を例に、クロマキー合成の編集方法を紹介します。

ちなみに本動画は、映像制作スタッフではなく、プロジェクトマネージャー(ほぼ事務担当)の私が制作しております!制作スタッフではないので、私自身は、そこまで難しい編集はできません。
そんな私が、自分で撮影〜編集、ナレーション録音、選曲などすべてを行っております!
編集を始めたばかりの初心者の方、社内で映像制作担当される方と同じ目線でお伝えしていければと思っております。

編集ソフトについては、様々なものがあり、それぞれ使い方が異なりますのでご注意ください。
本動画では、Final Cut Pro Xを使った合成の方法をご紹介しています。

youtubeで公開していますので、ぜひ参考にいただけたら幸いです。